保育園の面接でよく聞かれる質問「保育士にとって大切なこと」とは

2019年12月10日

保育士

保育士にとって大切なことは色々ありますが、それぞれの受ける園によって大切なことは違ってきます。

自分の受ける園の特色をしっかりと理解し、大切なことをその面接で聞かれたときに言えるように準備しておきましょう。

今回はどの園でも使える大切なことを紹介していきます。

 

保育士の面接でよく聞かれること「保育士にとって大切なこと」

具体的な例文もご紹介しますね。

 

①子ども達の発達を支えること

保育士は子どもの世話をするという風に世間では思われていますが、それは違います。

保育士にとって何よりも大切なことは、子ども達の発達を支えることです。

何でもしてあげることが全てではありません。保育士が手伝えば早く終わることもたくさんあります。

ですが、保育士は子ども達を見守り、必要以上に手を出さないことが大切なのです。

子ども達ができることを伸ばし、見守ることが大切であると伝えましょう。

 

面接の回答例文:
「保育士にとって大切なことは、子ども達のできる事を伸ばし、見守ることだと思います。子ども達が自分でできることを見守り、必要に応じて手助けをすることを心がけます。」

 

②笑顔

子ども達は月齢にもよりますが、大人の表情が相手の感情を読み取る指標となっています。

ですから、大人が怖い顔をしていると萎縮してしまいなかなか自分の考えを伝えられなかったり、失敗を恐れて何もしたがりたがりません。

ストレスも大きくなってしまうので、必ず子ども達の前では笑顔でいなければいけません。

自分の感情に振り回されない、という点を強調するといいでしょう。

 

面接の回答例文:
「保育士にとって大切なことは、自分の感情を上手くコントロールし、子ども達が常に話しかけやすいように笑顔で明るい雰囲気をまとっていることだと思います。」

 

③子ども達の特技を見抜く

子ども達の個性は保育所にいる時に開花していきます。

ですから、それぞれの子どもが個性を伸ばせるように、そのきっかけや能力に気付いてあげるのも保育士にとっては大切なことです。

保護者はどうしても家に帰ってから限られた時間しか子ども達と接することができないので、なかなか子ども達の興味があるものや、その子の個性に気付いてあげられないと悩んでいる場合もあります。

保育所での様子を細かく伝え、その子がどんなことに興味を持っているのか伝えるのも大切なことです。

 

面接の回答例文:
「保育士にとって大切なことは、それぞれの子ども達の個性や特技に気付き、その個性を伸ばしてあげることです。
また、その個性を家庭と連携をとって保護者と一緒に伸ばしていくことも大切だと考えます。」

 

④保護者の不安を受け止める

保護者は何人子どもを育てても、その子その子で必ず悩みを抱えています。

また、なかなか忙しく保育士にその不安を伝えることができずに抱え込んでしまうことも珍しくはありません。

何かを相談すれば、「自分はそんな事もわからないダメな親だ」と思われないか不安であったり、子どもに抱えている悩みを打ち明けるのが恥ずかしいと考える人も少なくありません。

ですから、そんな保護者が悩みを打ち明けられるように、保護者に働きかけることができる能力が大切になります。

 

面接の回答例文:
「保育士として大切なことは、保護者が悩んでいることを受け止めて一緒に良い方向に向かって支援できるように努力することだと思います。
保護者が悩みを打ち明けられるように、普段から信頼関係を築いていきたいです。」

 

⑤子ども達に自主性を身につけられるように支援すること

小学校に上がれば、自分の気持ちをしっかりと他人に伝えられるように求められます。

ですから、保育所にいる時から自分の意見を伝える練習が必要です。

何でも保育士が代弁をするのではなく、保育士が必要に応じて代弁の手助けをするだけで、基本的には子ども達に人間関係の構築も任せるのが大切です。

 

面接の回答例文:
「保育士として大切なことは、子ども達の自主性を育てていくことです。
自分の意見を他人にしっかりと伝えられるように、保育士が見守って必要に応じて代弁を行っていくことが必要だと思います。」

 

面接でこの質問はかなり重要

保育士になりたい!という気持ちも大切ですが、保護者は保育士・保育所を信頼して大切な子どもを預けています。

ですから、保護者のその期待や、保護者と離れて寂しい子ども達の気持ちをしっかりと受け止めて責任感を持って働ける保育士が求められます。

資格職だからと保育士に就いた場合、しっかりと保育士にとって大切なことを身につけていないと職場でも信頼を得られません。

面接の際は特にその人の保育観を見られるので、しっかりとこの質問に答えられるようになっておきましょう。

 

保育士にとって大切なこととは

何よりも大切なのは、子ども達を守るという意思です。

子ども達を保護者に代わって保育する際に、子ども達に怪我をさせずに再び親元に返すことが何よりも大切です。

また、働く園の保育方針を先に確認し、その保育方針に沿った保育士にとって大切なことを組み立てるのも大切です。情報を集めて、面接で答えられるようにしてください。

 

保育士のお仕事は転職支援会社で紹介してくれる

保育士の仕事は、保育園に直接問い合わせたりハローワークなどでも紹介してもらえますが、一番いいのは転職支援会社に登録して紹介してもらう方法です。

転職支援会社は全国の保育園、幼稚園にネットワークがあるため、非常にたくさんの正社員・バイト・パートの仕事情報をもっています。

※オススメの保育士のお仕事紹介サイトはこちらの記事でご覧ください。
保育士の転職求人サイト オススメ比較ランキング

保育士の仕事探しは大手の転職支援会社の方が絶対安心!

当ブログでは保育士のお仕事探しの際には、ユーザーランキング第1位となっている保育士バンクをオススメしています。

正社員・パート・派遣・単発バイトなど、希望の働き方によってお仕事を紹介してもらえます。

転職サポートは全部無料です!その他うれしいメリットがたくさん!

・年収交渉を代行!
・面接の調整や段取りもお任せ!
・地方の人も大歓迎!
・日本トップクラスの求人数!

保育士バンクに登録して転職相談する!