保育士は何歳まで働ける?60代高齢でも大丈夫!

2019年11月11日

シニア保育士

保育士って体力を使う仕事だから正直なところ何歳まで働けるか心配ですよね。

保育士の資格は誰でも得られるわけでもないですし、保育士不足が顕著に進んでいるため、実は何歳になっても需要はどの場所でもかなり高いのが特徴です。

60歳代以上の高齢者でも意外と大丈夫なんですよ。

ただ、中には「年齢を重ねてもこんなにバリバリ働けるの…?」と不安を覚える人もいることでしょう。

そこで今回は、保育士は何歳まで働けるかについて考えていきます。

 

60代の高齢でも大丈夫!保育士の年齢に上限は…ない!?

結論から言うと、保育士は何歳まで働けるのかという答えは、何歳まででも可能というものになります。

一般企業でも定年が65歳以上となってきていますので、社内規定がある保育園なら同様に65歳までは全然大丈夫。

なお、どうしても正規職員でバリバリと働く担任保育士のイメージが強く、そうしなければ雇ってもらえないと思い込んでいますが、そうではありません。

保育士は副担任、サポート保育士、幅広く色んな場所で求人が出ています。

最近では、勤続年数を気にせずに受け入れてくれる保育所もどんどん増えており、選択肢も広がっています。

 

また、正社員ではなくてもバイトやパートなど、短時間だけ働くことも可能で、ご自身の体力と相談しながら働けるのが保育士の良いところです。

 

学校の先生が退職してからも産休でお休みする先生の代わりに3ヶ月くらい臨時で勤めたりしますがあれと同じですね。

もちろん体力があれば正社員でもバリバリいけると思いますが、心配ならパート社員になることをおすすめします。

 

65歳以上でもアルバイトやパートなら働ける園は意外とあるはずです。

 

歳を取ったときどんな場所で働けるの?

保育士=保育所というイメージですが、そうではなくさまざまな場所での保育士としての生き方を視野に入れると、年齢はさらに延びていきます。

 

まずは、年齢を重ねたために残業がきつくなった、持ち帰りの仕事は家でできないなど、業務面での限界を感じた場合には、託児所へ転職することをおすすめします。

託児所は、基本的に子どもを預かるだけの施設なので、毎日設定保育の準備をする必要がありません。

人数も少人数に設定されている所に採用されれば、その日にやりたい保育をすぐに行うことができるので、自由に子ども達と遊びを楽しむことができます。

託児所の中でも、その日によって違う子を預かる場所であれば、毎日来る子が変わるので、月案などの難しい書類の記入もありません。

そのため何歳でもとは言いませんが身体が動けば採用されます。

 

次に、商業施設などに併設されている託児所です。

ここは、元々遊具が用意されていることに加えて、その時間帯のみ子どもを預かることになるので、見守りと少し子ども達と遊びをするだけですから、普通の保育所のように常に子ども達に対して働きかけをする必要はありません。

勿論時間も決まっているので、残業もほとんど発生しないのも魅力の一つです。

歳を取った保育士でも問題なく働けます。

 

そして、最近保育士として復帰する人が増えているのが、学童保育の預かりです。

学童保育も実は保育士が働くことが可能で、忙しい時間帯が決まっていることもあって大人気になっています。

夏休みや副休みは一日仕事となりますが、午前中は宿題の時間などですし、小学生は基本的に遊びの見守りで良いので保育士が何歳でも問題ありません。

 

やっぱり高齢になると給与は下がってしまうの?

保育士として働く上で、やはり考えてしまうのは給与ですよね。

保育士は残念ながら薄給である所が多く、現在も処遇の改善は少しずつ進んではいますが、あまり給与自体が高くないために効果はいま一つといった印象です。

そんな境遇の中で、年齢がいってから転職してさらに給与が下がるとなると、大げさではなく死活問題です。

保育士の中には一人暮らしをしている方もいるので、給与が下がると生活も困難になってしまうでしょう。

上記で紹介した職場に転職すると、給与は一概に下がるとは言えません。

 

最近では、保育士不足を受けて、給与を高めに設定している園も増えて来ています。

ですから、給与をしっかりと確認して、高く設定されている園へと就職すれば、何歳でも生活レベルを落とさずに転職ができます。

逆に給与を上げながら働きたい場合はどうすればいいのでしょうか?

 

キャリアアップを目指して働こう

自分の働く保育所で、主任保育士を目指そうと思っても、上に何人もの先輩保育士がいるために気が遠くなってしまいますよね。

しかし、主任保育士を諦める必要はありません。

主任になる方法を知っていて、経験年数を満たしていれば、誰にでも主任になるチャンスはあります。

 

おすすめなのは保育士専門の転職エージェントに登録すること。

担当者にスキルアップ志向があることを伝えると、主任保育士の募集を探してきてくれます。

短いものであれば、経験年数一桁でも主任保育士として採用してくれるところもあるので、スキルアップをして給与を増やし、仕事内容を変える方法もあります。

主任保育士になると、今度は全クラスの把握と、保育士の指導が主になるので、毎日残業をして制作物に取り組んだり、大変な思いをして書類を書く必要もなくなります。

自分の環境を変えて、仕事を軽減させるのも一つの手だと言えますね。

 

保育士は工夫次第で何歳まででも働ける

保育士は国家資格ですし、活かさないのはもったいないです。

何歳まででも働けて、工夫次第ではスキルアップをして負担なく働く方法もあるのです。

まずは工夫をしながら、保育士としての経験を積んでください。

そして、自分が長く続けるにはどの部分に大きな負担を感じているのかを冷静に分析してみましょう。

そうすることで、負担となる部分がない職場への転職が可能となり、結果として保育士の寿命を延ばすことにつながります。