保育士辞めたい

保育士辛い…辞めたいときの対処法と、保育園・役職者にできること

 

保育士の仕事に悩む

保育士の仕事を夢見て保育園へ就職したのに、子どもと笑顔で関わるのがむずかしくなってきたので辛いから辞めたい…そんな保育士さんはいませんか? 

保育士の仕事は子どもと遊ぶだけじゃなく、様々な周辺業務があります。

また、人間関係や待遇に悩む保育士も多いもの。対処法と運営者側にできる改善策を考えてみましょう。

「保育士辞めたい・・・」辛いと思うのはどんなとき?

子どもとの関りでうまくいかないことがあったり、クラスがなかなかまとまらず運営に難しさを感じたり…そんな悩みならきっと時間と経験が解決してくれることでしょう。

ですが、保育以外の仕事の辛さに悩み苦しんでいることが多いのが現状でしょう。

人間関係がうまくいかない悩み

一緒にクラスを担当している保育士との関係がうまくいかずクラスの運営に不安を抱える保育士は少なくありません。

また、主任や園長など上司からの厳しい注意や、保育観の押しつけなどモラルハラスメントになりかねない指導に悩む保育士も多いことでしょう。

まだまだ女性の多い職場であることから、感情的になったりその日の気分で言うことや態度が変化することに、ストレスを感じている人も。

保護者との関りに関する悩み

保護者と上手くコミュニケーションが取れず、信頼関係が築かれないまま時間が経過していることはありませんか。

保護者同士の立ち話などで、保育士や園の悪口を聞いてしまうことがあるかもしれません。または、お便り帳やお電話などで直接クレームを入れてくる保護者もいます。

保護者会や個人懇談などで話すのが苦手な保育士もいることでしょう。

自分より年上で育児経験がある保護者と対等に話したり、情報交換をしたりこちらから提案することは大変なこと。保護者との関係性辛くて悩んでいるひとも多いはずです。

保育園の待遇に関する悩み

イベントや行事の兼ね合いで保育士は有給が取りにくいものです。

もちろん何日も何か月も前から申請しておかねばなりませんね。有給休暇の取得は社会人としての権利ですが、先輩保育士など年上の人が優先で、なかなか有給をとることができない悩みがあることでしょう。

また、サービス残業や持ち帰りの仕事、責任感が求められる割には、給料や手当が低く見合っていないと感じる人も多いでしょう。

仕事量の多さに対する悩み

保育士の仕事は、子どもと遊んですごすだけではなく、保育の下準備、目的を持って成長を促すための指導案の作成、保護者との連携、成長記録の執筆、自分のためのインプット作業、勉強会や研修会への参加、後輩の育成、実習生の育成など様々な業務があります。

さらに役職が付いた場合は、打合せや会議、対外施設との連携・連絡、保育士と園長の橋渡し、マネジメント業務、シフト制作など、さらに多岐に渡ることでしょう。

人の命を預かる仕事のため、ストレスも多くなります。

なかなかプライベートな時間を確保するのことが難しく、休息や欲求が満たされない環境で働き続けなければなりません。

解決法は? 辛いことをメモに残し、改善方法を考えてみよう

様々な悩みを抱え、解決策も見出せず毎日保育園に通勤するのは大変なことです。

自分がどのようなことに悩み、そのためにはどんな解決策があるのか、客観的に考えられるようにするため、メモに残してみてはいかがでしょうか。

その日、そのときの辛かったことをメモに残して、後で見返したときに、すでに解決していたり、さほど気にならなくなっていたり、または、まだ悩んでいる最中かもしれません。

その時に思いついた解決策や、やってみたこと、今後やってみようと思っていることなども一緒に書き記しておくといいですね。

メモに残し、少し時間が経過することで心が冷静になり、思い切って悩みを上司や同僚に相談できるかもしれません。皆、同じような経験をし悩んで、解決策を知って解決しているかもしれません。

メモに残し、見返すという習慣をつけてみましょう。

保育士が辛い時、保育園・役職者が改善できること5つ

保育士の辛さや悩みに関して、役職者や園の運営側ができることも考えたいもの。保育士が快適に仕事に向かうことで、保育の質が上がり、園の評判も良くなることでしょう。

実行できること、実行していきたいことを考えましょう。

打合せの簡素化と役職者の業務の明確化

クラスの打合せ、役職者打合せ、園全体の職員会議など、時間を作って話し合う回数について見直しましょう。

会議や打合せを繰返ししなくても良いように、メールやLINEなどで事前に意見を収集しておく、紙ベースで問題点を出し合っておく、曜日や時間を決めて打合せを行うなど、無駄な打ち合わせを減らしましょう。

また、保育リーダー・クラス主任・園全体の副主任・主任など様々な役職があるはずですが、どの役職がどの業務を行うのか、しっかり明確化しておくことが大切です。

さらには、その業務内容は職員全体にも周知し、コミュニケーションの無駄を省きましょう。

年功序列の廃止で働き方改革

保育士は女性の多い社会なので、どうしても年功序列の体質が色濃くなります。そのせいで希望の有給がとれない、勤務時間通りの出勤の・退勤がしにくいなどの働きにくさがあるのが現状です。

社会人としての最低限の礼儀はもちろん必要ですが、経験年数が上だから有給をとるのは先輩保育士から、先輩保育士が帰宅しないのに新人が先に退勤するのは失礼、などといった風潮は廃止していきましょう。

保育士同士の力の差を失くすための育成

保護者なら誰しも「〇〇先生が担任だといいなぁ」と思うものです。元気な笑顔でしっかり子どもを受け入れてくれるあたたかな人柄の保育士は人気があるでしょう。

元気で明るく過ごせる保育士は、持ち前の人柄もあるでしょうけれど自分にも自信をもっているはず。新人保育士や心が繊細な保育士は、自分の自信を持てず、くよくよと考えがちです。

社会に出て、社会人として、保育士として育てるのは上司や園長の仕事でもあるはず。

ICT化の導入

記録や連絡事項は全て手書きで行っている保育園はまだまだ多いはずです。保育士一人に一台のパソコンを支給するのは難しいかもしれませんが、クラスにひとつなど、少しずつ業務をICT化していくことが望ましいでしょう。

保育の仕事に集中できるよう、保育業界もICT化が進んでいます。パソコンの使い方も学習する時間を設けるといいですね。

保育士の事務仕事にあてる時間の作成

急なICT化は難しいかもしれませんが、もしも手書きで事務仕事を進めているのなら、事務仕事に充てる時間はどのような状態でしょうか。

保育士が勤務時間終了後にサービス残業として残って書き物をしていたり、持ち帰って自宅で記録をして辛くなっていることはないでしょうか。

リフレッシュする時間を持てなければ、質の高い保育にはつながらないでしょう。

各職員と協力し、各クラスで事務仕事ができる時間を保育時間の中で作ることができるよう工夫していきましょう。

保育士が辛いときは転職も視野に入れると心がラクになる!

様々な自分なりの努力が報われなかったり、保育園側の改善が見られず状況が変わらなかったりと、思うように辛さが軽減されないこともあるでしょう。

そんな時は、転職を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

勤務がしにくい状況は、自分自身が悪いわけではありません。今の保育園が自分に合っていないだけなのかもしれないのです。

給与や勤務時間、有給の取りやすさ、人間関係、保育園の規模など自分の中にある希望や勤務条件を明確化し、希望に合った保育園を探すだけでも気分が変わりますよ。

もしかしたら希望に合う園が見つかり、転職できるかもしれません。

大好きな保育士の仕事が辛い仕事に変わる前にできること

子どもと一緒に楽しく笑顔で過ごすことを夢見て、保育士になったことでしょう。

大好きな保育士の仕事が辛い仕事になり、二度と保育士の仕事をしたくないと思ってしまう前に、様々な対策をしてみませんか。

また、保育園の運営側の職員も保育士の声を拾い上げ、より良い保育園と質の高い保育を目指し、改善してみませんか。

みんなが気持ちよく子どもの保育に当たれるよう、対処してみましょう。

保育士の仕事探しは大手の転職支援会社の方が絶対安心!
マイナビ保育士

当ブログでは保育士のお仕事探しの際には、ユーザーランキング第1位となっているマイナビ保育士をオススメしています。

正社員を中心に希望の働き方によってお仕事を紹介してもらえます。
転職サポートは全部無料です!その他うれしいメリットがたくさん!

※3ヶ月以内の転職希望者のみ応募可能です

・20代~30代の若手保育士の高年収求人を紹介してくれる
・保育士に代わり保育園との給料交渉を代行!
・面接の調整や段取りもお任せ!
・転職サイト最大手で信頼度が高い
・企業内保育、院内保育所などの求人も充実

マイナビ保育士に登録

勤務地別の保育士求人情報

公立保育所・院内保育・企業内保育所等、人気求人に直接応募できます。

北海道・東北 北海道
関東 東京神奈川千葉埼玉栃木群馬
中部 愛知
関西 大阪兵庫
中四国 岡山広島
保育士の人気転職サイトランキング
  • マイナビ保育士

    マイナビ保育士
    首都圏・愛知・大阪などの大都市圏の保育士求人なら最大手のマイナビ保育士に登録。 20代~30代で正社員限定の高年収求人を紹介してもらえます!
  • 保育士バンク

    保育士バンク
    保育士転職サービス6部門でNO.1の正真正銘、日本最大級の保育士求人サイト。 地方の求人も多く、これまでサポートを受けられなかった方にもオススメ! 全国で転職フェアも開催しているので、お近くの方はぜひ参加を!入力してください。
  • 保育Aid(エイド)

    保育Aid
    悩み相談だけでも聞いてくれるのがうれしい。 なんと!人間関係の良い職場だけを紹介してくれる転職先紹介会社。 悩み解決型のコンサルが人気。元保育士や元幼稚園勤務のコーディネーターもいるので安心。