保育士が自信をなくすとき

2019年3月22日

保育士

保育士をしていて子どもに励まされたり、保護者からかけられる言葉に救われたという人も多い半面で、保育士としての自信をなくしてしまう事も多々発生します。

今回は保育士が自信をなくしてしまうときを紹介していきますね。

どんなベテランの保育士でも、どうしても自信をなくしてしまう場面はあるので、自分だけ?と思う必要はありません。

 

子どもと上手く行かない時に自信をなくす

子どもにも波があります、それは大人もですが、子どもの場合はまだ自分の感情のコントロールができないので尚更激しい感情の波が体の中に吹き荒れています。

ちょっとした環境の変化や、その日の体調によって子どもの性格や波は大きく左右されてしまい、昨日までは「先生大好き!」と言っていた子も、「先生嫌い」と言って他の保育士に甘える事もあります。

それが構って欲しい試し行動であったりする場合もありますが、叱った対応が子どもの中でどうしてもうまく消化できなかった際や、やはり人間同士なので波長の合う・合わないでどうしても嫌われてしまう事もあります。

時間をかけて遊んだり、関係性を築けば大体の子どもとは仲良くなれますが、その過程で「私は子どもに嫌われているのだろうか」と保育士としての自信を失くしてしまう事もあります。

 

自分の努力が認められないから自信をなくす

保育士の仕事は子どもを保育するだけではありません。

その保育の為に設定保育の準備をしたり、子ども達が安心・楽しく遊べる環境作り、そして行事の際にはその進行や準備もあります。

例えば絵や工作が苦手な保育士が、一生懸命本を見ながら壁面を作っても、リーダー保育士や主任保育士から、「子ども達の前には出せない」と却下されてしまう事もあります。

保育園の壁面制作

 

保育所にいる時期は、子ども達の感性を育てる大事な時期とちょうど被ります。

あまりに形の崩れた制作を子ども達に見せてしまうと、子ども達は保育士の真似をしたがるのでその崩れた制作の真似をしてしまうのです。

正しい感性が育つように、ある程度の制作の完成度の高さが求められてしまい、ついダメ出しを受けると保育士としての自信をなくしてしまうのです。

 

子どもに話を聞いてもらえないと自信をなくす

よくある事ですが、子ども達は遊んでくれるからといってその大人の言う事を聞き入れてくれる訳ではありません。

自分達が納得した上で、大人の話を受け入れて自分なりに消化していくのです。これは乳幼児共通で、しっかりと自分の意志がそこにはあります。

子どもと遊ぶのは得意であっても、子どもがトラブルを起こした際に仲介などをしてもなかなか聞き入れてもらえない、何か集団行動をする際に指示が通らないなどの問題が出てきます。

その際に行き詰って、保育士としての自信がなくなってしまうのです。

子どもと遊んで信頼関係を作るのは大切ですが、馴れ合いになってはいけません。

子ども達にきちんと話を受け入れてもらえるように、大切な話をする際には目を見てしっかりと諭す、なあなあにせずきちんと子どもが納得するまでじっくり話すなどの工夫が必要です。

 

保護者から認めてもらえないと自信をなくす

子ども同様に、保護者との関係作りも毎日の積み重ねです。

保護者に様々な場面、例えば送り迎えのちょっとした時間の話、保育参観などの交流、子ども達と過ごす時間を見てもらった上で、ようやく保護者から「信頼できる保育士」という評価を与えてもらえます。

それまでは、保護者から少しの事でクレームがついてしまったり、リーダー保育士や主任保育士に不満をぶちまけられて、怒られてしまう事も多々あります。

こうしたできごとがあると、つい弱気になって保育士としての自信を失ってしまいます。

 

本当に自分のやりたい保育ができる園なのか考えなおす

自分は子どもとゆっくり向き合って信頼関係を大切にしたい、子ども達の持っている能力を最大限に引き出してあげたい、それぞれの持つ保育観や考え方は保育士によって違います。

その保育観は自分が働く中で徐々に構成され、自分の本当にやりたい保育などが後から見つかる事も珍しくはありません。

しかし、そのできあがってきた保育観が必ずしも自分の働く職場と重なる訳ではありません。

ゆっくり向き合いたいのに、子ども達の能力を引き出す保育所であればなかなかその場面も少なく、その乖離に苦しんで上手く子どもを指導できない事で自信をなくしてしまいます。

そういった場合は、子ども達との向き合いを大切にする園などに移ったりする事で解決します。

保育士は資格職なので、自分が思う通りの保育ができる保育所を求めて転職するのは非常に素晴らしい事ですし、高い確率で理想の保育所に行く事ができます。

転職についてはこちらにも書きましたのでご覧ください。
保育士の転職時期・辞めるタイミング

自信を失くしても子ども達のおかげで取り戻せる、保育士は素晴らしい職業

上記のようなできごとでつい自信を失くしてしまう時がきても、子ども達との毎日の中でおのずと答えも出て、再び保育士としての自信を取り戻せる人も多いです。

悩んだ際には周りに頼りつつ、抱えた問題に真摯に向き合って保育士として成長していきましょう。

なお、転職をお考えの方は1人で悩まず、以下でご紹介する転職エージェントに登録してからどうするか相談するのが一番ですよ。