保育園の掃除ばかり?保育補助で求められる掃除仕事の内容

2019年10月25日

保育補助

保育補助は掃除も重要な仕事の一つです。

なかなか正社員保育士・契約社員保育士が日常の保育で手が回らない環境整備を手伝い、子ども達の安全を守るのは保育補助の大切な役割でもあります。

保育園で掃除ばかりさせられるのか?

と思っている方もいるようですので、今回は保育補助で求められる掃除仕事の内容について紹介していきます。

 

保育園の保育補助はどんな掃除をしているの?

一口に掃除と言っても、さまざまな掃除が保育補助には任されています。

 

たとえば、

朝保育所に来てから、子ども達が園庭に出るまでに遊具の清掃・消毒、そして子ども達が保育室に入る前に玩具の消毒、遊んでいる間も子ども達が放置した玩具で怪我しないように配置の確認・片付け、そして昼前になったら配膳を行い、子ども達の玩具の片付け手伝いを行います。

 

その後は子ども達の昼食後の後片付け・清掃を行い、午後の保育に向けて再び保育室の消毒・清掃を行います。

子ども達が使うトイレも、子ども達が寝ている間に綺麗にするので、トイレ掃除も昼間に行います。

 

午後も子ども達が起きたら、布団の片付け、そしてほこりなどの清掃を行い、おやつの後片付けもあります。

こうした沢山の掃除を保育補助は担当し、日々子ども達の衛生環境を良くしようと努力しているのです。

 

保育補助=掃除?

よく勘違いしている人がいますが、保育補助の主な役割は決して掃除ではありません。

環境整備を任される事もありますが、基本的に保育補助も保育士の指示のもと、子ども達との触れ合いがメインの仕事となっています。

 

ですから、清掃ばかりに目がいきますが、決して掃除ばかりさせられるというわけではないので安心して大丈夫です。

子ども達と一緒に遊んだり、設定保育を手伝う時間などももちろん用意されているので、掃除も頑張りつつそういった時間で子ども達との触れ合いを楽しむ事ができますよ。

 

保育所自体が掃除に厳しい場所

なぜそこまで清掃をさせられるのかというのは、働く場所に関係しています。

子ども達はまだまだ免疫力が低く、感染症に罹患するリスクが非常に高いです。

集団保育の場にいると、その確率は更に高くなります。

子ども達の疾患の中には、空気感染を起こすものなどもあるので、消毒・清掃は欠かせないのです。

子ども達が罹患する=保育士への感染の危険性もあるので、清掃には厳しいチェックが入りますし、一日の中で何回もさせられます。

しかし、決して意味のない事ではないのは覚えていてくださいね。

※こちらの記事も参考にどうぞ。
保育士の掃除はどれだけ大変?

 

保育補助は掃除以外にもさまざまな役割がある

実際入って働き始めると分かりますが、保育補助の仕事は掃除ばかりではありません。

一日の始まりに、子ども達を受け入れる保育士の行う検温補助や、子ども達の把握、子ども達の設定保育で保育士の補助をしたり、保育士の指示のもと絵本読みなどを行う事もあります。

もちろん行事にも参加しますし、子ども達と一緒に行事を楽しんだり、当番が回ってきたら担当の保育士と一緒に進行を務めます。

他にも、普段の保育でも子ども達と一緒に遊んだりもしますし、保育士が食事介助をしている間に寝かしつけを行ったりなどの重要な役割を任される事も多々あります。

 

こんな掃除も?珍しい掃除に参加する事も

普段の保育で使うものの清掃はもちろんですが、たまに珍しい物の清掃を任される事もあります。

たとえば、行事で使うプールや餅つきの機械、看板や衣装などです。

掃除一つにしても、普段の私達の生活や、一般企業などでは目にしないような物の掃除を任される事もあるのです。

 

保育補助だからといって掃除ばかりは嫌だ

どの園でも、保育士達が協力し合って掃除は行っています。

ですから、掃除を逃れたいと思ってもなかなかそれは実現しません。保育補助も同じです。

どうしても掃除をしたくないという人は、掃除が少ない園に行く事をお勧めします。

 

たとえば、託児所なんかは子どもを預かる事がメインですし、規模が小さい所は一つの部屋で少人数の子どもを預かっているので、普通の保育所より清掃は少ないです。

 

他にも、託児をメインにしている商業施設の託児所などは、遊具などを中心にして子ども達を預かるので、その遊具の清掃以外はほとんどありません。

自分が入る所によっても、清掃・消毒の割合の大きさが異なります。

掃除をしたくない人は、託児機能が強い所に勤める事をおすすめします。

 

保育補助の掃除も勉強の一環

以上が保育補助で求められる掃除仕事の内容でした。

掃除をする中で、部屋のレイアウトを学んだり、玩具の消毒をしながらどの月齢の子がどんな玩具を使っているのかなどを知る事ができます。

決して掃除だけではなく、その掃除の中で学べる事が必ずあるので、そういった点を見逃さずに自分の学びに変えていきましょう。

清掃の時間も園によっては短いので、一日中掃除をさせられていると感じている人は意外と少ないです。

子ども達と触れ合えるのを楽しみつつ、その子ども達が健康に過ごせるように清掃活動にもしっかり力を入れてください。

子ども達にとって、清潔な環境はなくてはならないものです。

 

保育補助のお仕事は転職サイトで紹介してくれる

保育補助の仕事は、保育園に直接問い合わせたりハローワークなどでも紹介してもらえますが、一番いいのは転職サイトに登録して紹介してもらう方法です。

転職サイトは全国の保育園、幼稚園にネットワークがあるため、非常にたくさんのバイトやパートの仕事情報をもっています。

※オススメの保育補助のお仕事紹介サイトはこちらの記事でご覧ください。
保育士の転職求人サイト オススメ比較ランキング

保育士の仕事探しは大手の転職支援会社の方が絶対安心!

当ブログでは保育士のお仕事探しの際には、ユーザーランキング第1位となっている保育士バンクをオススメしています。

正社員・パート・派遣・単発バイトなど、希望の働き方によってお仕事を紹介してもらえます。

転職サポートは全部無料です!その他うれしいメリットがたくさん!

・年収交渉を代行!
・面接の調整や段取りもお任せ!
・地方の人も大歓迎!
・日本トップクラスの求人数!

保育士バンクに登録して転職相談する!