パート保育士

パート保育士は大変なの?仕事を辞める5つの理由とは

保育士

正社員保育士や契約社員、フルタイムの保育士の離職率の高さは有名な話ですが、パート保育士に関してはどうなのでしょうか。

パート保育士も確かにハードな仕事ではありますが、フルタイムに比べると働く時間も短く、責任に関してもあまり負わされないという所も多いようです。

そこで、今回はパート保育士は大変なのか、仕事を辞める理由は何なのかを詳しく見て行きましょう。

保育士の転職サイト!オススメ比較ランキング

 転職サイト名 エリア 特徴
【1位】 マイナビ保育士全国 特に次の都道府県に強い。 (東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・静岡・大阪・兵庫・広島知名度人気No.1!マイナビグループの信頼性があるため最も登録者が多い。 大手企業が運営する企業内保育所の求人が多く非常に人気が高い!
【2位】 保育士人材バンク 全国 (特に首都圏の求人数は日本有数)保育士はもちろん、児童発達支援管理責任者の求人が充実。 児発管なら年収400万~500万円もあり!

パート保育士の仕事内容は大変なの?

まずは大変かどうかですが、もちろん大変な仕事です。

パートとついていても、子ども達の命を預かる仕事なので、そういった責任は正社員保育士同様に発生します。

 

また、正社員保育士達が行事の直前準備や、子ども達が少ない日に作業を行う際には子ども達の把握を任されたりもします。

普段は子ども達の把握に加え、着替えや排泄の援助、環境整備や配膳などの、子ども達の把握以外の仕事も任される事が多いようです。

 

子ども達の世話以外を任される事を大変だと感じたり、子ども達の管理が追い付かずに悩む人などもいます。

体力面での不安などはほぼ聞かれないので、体力的な事での辞職というのはほぼないと考えて間違いなさそうです。

 

正社員保育士は多くが体力的な不安から辞職を選んでいますが、パート保育士ではそういった事はありません。

 

夜勤などを行う院内保育企業付き保育所、24時間体制の保育所なども増えて来ていますが、パートであれば長時間の拘束がない為に、そこまで負担もないようです。

夜勤があっても勤めやすい、パート保育士の特徴だと言えるでしょう。

保護者関係についても、基本的に応対や指導計画などは全て正社員保育士が立てるので、そこまで保護者関係で悩む場面もありません。

もちろん残業も持ち帰りもよっぽどの事(行事前、新学期前)がない限りは出てこないので、正社員保育士をイメージしてパート保育士をすると、非常に楽に感じる人もいるでしょう。

パート保育士が仕事を辞める5つの理由とは?

大変ではありますが、実際働いてみると、働きやすいと感じている人も多いのがパート保育士の特徴です。

しかし、一定数辞職する人も出てくるのが現実です。一体どんな理由でパート保育士は辞職をするのでしょうか?

・周りの保育士と合わない

特によく聞かれるのが、保育士同士の人間関係の悪さです。

パート保育士だからと雑に扱われてしまったり、雑用ばかりを押し付けられてしまい、その結果辞職を選ぶ人も少なくはありません。

保育士資格を持っている以上、優劣などはありませんが、パート保育士は基本的に担任などにはならず、補助の役割を担うので、そういった点からこうした複雑な人間関係が生まれるようです。

・時給が安い

認可保育所と無認可保育所では給与が全く違います。

その理由としては、補助金が地区から出ない事、そして保護者から受け取る保育料のみで保育所を運営している為に人件費に割けないという問題が挙げられます。

働いても時給が認可保育所と無認可保育所では全く違いますし、配置も違うので負担が大きすぎるという意見もよく聞かれます。

無認可保育所で働くメリットとデメリット

・正社員保育士に戻りたくなった

パート保育士の中には、勘を取り戻す為に働いているという人もいます。

一度事情があって保育士を辞めたものの、いきなりフルタイムで復帰するのは勇気がいるという理由から一度パート保育士を経由して正社員保育士に戻るのです。

パート保育士からフルタイムに移行する人もいますし、ステップアップの手段としてパート保育士を選ぶ人もいるのです。

・子どもともっと触れ合いたい

パート保育士はどうしても補助的な役割なので、子ども達と接する時間と環境整備の時間が同じくらい、あるいは環境整備などの雑用の方が多いという所もあります。

掃除ばかりさせられたら嫌になりますよね。。

どうしても子どもともっと触れ合いたい、子ども達の把握をメインにしてくれる保育所に行きたいと思い、一度パート保育士を辞める人も多いのです。

・別の仕事をしてみたいから辞める

保育士をしていると、全く他業種と関わる機会を私生活以外では失います。

お迎えの保護者と話す事で、少しずつ他業種に興味を持って他業種に移りたいからと転職する人もいるようです。

パート保育士の転職は困難なの?

パート保育士の仕事を変えるとなると、正社員や契約社員よりも大変そうなイメージを持つ人が多いですが、実際そんな事は全くありません。

パート保育士も不足しているので、転職先もしっかりと見つかります。

もしも自分の立場、仕事内容に納得がいかない、パート保育士ながらも将来的には正社員保育士に戻りたいという人がいれば、是非とも自分の納得のいく職場を探してみてくださいね。

パート保育士だって大切な現場の一員

パート保育士の仕事内容や、離職理由を見ていただいて分かるように、体力的な事などで辞める人はほぼいません。

パート保育士だからといって妥協する事はありません。自分の将来を見据えた働き方のできる職場を探して、そこで仕事を長く続けるようにしましょう。

 

なお、保育士の転職方法としては、以下で紹介するような大手の保育園紹介会社に登録する人が多いです。

ぜひ活用してみてください。

パート保育士になるならパートやバイトの保育士求人に強い派遣会社に登録しよう

パート保育士の仕事が最も充実しているのは、派遣型の保育士転職支援会社です。

こちらで紹介する派遣会社は全国の保育園、幼稚園にネットワークがあるため、非常にたくさんのバイトやパートの仕事情報を紹介してくれます。

保育士ワーカー」は保育士の仕事探しを支援する派遣型求人サイト

保育士ワーカー

保育士ワーカー」は派遣保育士の転職サイトです。

保育士経験のある担当者が全国を対象に転職支援をしています。

以下のポイントに強くて派遣社員はもちろん、フルタイムの保育士の転職先も紹介してくれます!

・派遣、アルバイト、パート求人に強い

・「週3日」「週4日」など主婦にも嬉しい働き方ができる

・ブランクがある保育士さんにもおすすめ

・人間関係で悩んでいるので転職したい人

・残業や持ち帰り業務のない保育園を紹介

保育士ワーカーでは「時給1500円以上」の高給求人も紹介可能な他、「駅近」「オープニング」「ブランク明けでもOK」など、保育士さんが求める条件のほぼすべてをカバーしています。

もう正社員にこだわる必要がない方に向いている求人サイトです!

派遣でお仕事を始められるので、期間を区切って働くことも可能です。

たとえば、「週3」「週4」だけ働くみたいなフレキシブルな働き方もできます。

しかも派遣なので、嫌な職場や上司に当たったら辞めることも簡単。

また、ブランクが心配でいきなり正社員は避けたい方には、派遣からスタートして→正社員というコースもご紹介できるのが強み。

保育士ワーカーに登録

保育士の人気転職サイトランキング
  • マイナビ保育士

    マイナビ保育士
    首都圏・愛知・大阪などの大都市圏の保育士求人なら最大手のマイナビ保育士に登録。 20代~30代で正社員限定の高年収求人を紹介してもらえます!
  • 保育士バンク

    保育士バンク
    保育士転職サービス6部門でNO.1の正真正銘、日本最大級の保育士求人サイト。 地方の求人も多く、これまでサポートを受けられなかった方にもオススメ! 全国で転職フェアも開催しているので、お近くの方はぜひ参加を!入力してください。
  • 保育Aid(エイド)

    保育Aid
    悩み相談だけでも聞いてくれるのがうれしい。 なんと!人間関係の良い職場だけを紹介してくれる転職先紹介会社。 悩み解決型のコンサルが人気。元保育士や元幼稚園勤務のコーディネーターもいるので安心。