仕事内容

保育士の給料が安い理由

保育士

保育士は国家資格であり、就職に困らない、年齢関係なく働けるという利点も沢山ありますが、その反面で給与の安さが問題として挙げられます。

しかし、実際何故保育士の給料が安いのでしょうか?

今回はその理由について迫っていきます。

 

認可・無認可で補助金が違うから給料が安い

保育所は基本的に保護者から預かる保育料が主な収入源となります。

しかし、それ以外に、認可保育所の場合は補助金が保育所に入ってきます。

その為、認可保育所の場合は補助金+保育料で多少の余裕が生まれます。

 

しかし、対して無認可の保育所の場合は、保護者から貰う保育料が収入源となるので、どうしても給料が安くなります。

 

また、補助金と言っても潤沢な資金ではない為、認可保育所もそこまで裕福という訳でもありません。

規定があるので、入れられる子どもの数も決まっており、かえって人数規定のない無認可保育所の方が園児を沢山入園させる事で裕福になる場合もあるのです。

認可保育所とは

保育士が無認可保育所で働くメリット・デメリット

 

園児を迎え入れるのにも限界がある

上で少し触れましたが、無認可保育所の場合は迎え入れる園児数に規定はありません。

しかし、過剰に入れてしまえば保育士の負担が増える事、そして子どもの把握ができなくなる事で大きなトラブル・怪我に繋がる可能性も出てきます。

 

保育士が不足しているが故に、預かれる子どもの人数が少なくなってしまう=受け取れる保育料が少なくなってしまうという難点もあるのです。

そのため給料が安くなります。

 

保育士の仕事内容と給料が釣り合っていないため安いと感じる

保育士はやりがいはありますが、激務で体力が必要な仕事です。

 

・保護者への育児相談、アドバイス

・設定保育の準備、リハーサル

・情報共有の為の会議

・保育法の勉強

・絵本選び

・環境調整

・日誌、書類整理、記入

・行事の準備

 

ざっと挙げるだけでもこれだけの仕事があり、定時に上がれる人はあまりいません。

 

これだけの仕事があるにも関わらず、残業代が出る園は稀ですし、お給料は固定給なのでどれだけ頑張っても同じ額しかもらえません。

持ち帰ってやった仕事はもちろん給料には換算されないので、働いた量と貰える給与の違いでがっくり来る保育士も多いのです。

保育士の1日の流れとスケジュール

 

保育士に対する世間のイメージがなかなか変わらない

保育士は前述したように国家資格です。

ですが、世間的に「子どもを預かるだけの仕事」というイメージが定着してしまい、どうしても賃金向上に繋がらない面もあります。

 

元々保育は託児から始まってはいますが、現在は様々な保育法や、子ども達に色んな経験・知識を身に付けさせようと、子どもを預かるだけではない保育所が増えています。

その為に保育士の負担も大きくなっているのですが、なかなかその仕事内容が世間には伝わっていません。

 

もっと世の中に対して、保育士の仕事内容を知ってもらい、世間全体で保育士のお給料などの待遇を上げるべきだと訴える必要があります。

 

保育士の待遇向上が後回しにされている

少子高齢化を防ぎ、待機児童問題を解消して、もっと子どもを産み・育てる環境を整えるべきだという動きが世間で大きくなった為、保育所や託児所が大量に開設されたり、県や都によっては独自の補助金制度を作って保育所の運営に乗り出しています。

 

しかし、保育所の数が増えても、肝心の保育士の待遇向上は後回しにされているのが現実です。

 

最近では保育補助という、保育士資格の必要ない存在も登場しているので、資格がなく安く雇える保育助手を多めに採用して現場を回す所も増えているようです。

 

給料を上げる前に、いかにして安く保育士を使うかという所に注目が向いているのは、保育士の待遇向上に大きな影響を及ぼしていると言えます。

 

保育士の給料は悪い所ばかりなの?

保育士として働ける場所の中でも、比較的高給がもらえる職場や、託児メインで行事の準備などに追われる必要のない職場が増えています。

 

・院内保育所

病院が運営する、病院スタッフの為の保育所である為に、かなりの高給で、託児メインなので行事などの準備もほぼありません。場所によっては夜間も働けるので、稼ぎたい人は夜勤も含めた院内保育所が理想でしょう。

院内保育の仕事内容

 

・企業内保育所

特に最近人気が出て来ている保育所です。ほぼ日勤しかなく、子ども達を託児する事がメインなので、設定保育を毎日考えたりする必要もありません。企業の運営なので金銭面でも非常に待遇が良く、働きやすい職場であると言われています。

 

保育士はやりがいがあって、なくてはならない素晴らしい仕事

子どもが生まれ続ける限り、保育士という職業はなくなりません。

子ども達を守り、養育する素晴らしくやりがいのある仕事なのです。

 

ですが、残念ながら今回紹介したような理由によって、保育士の待遇は一向に改善されません。

 

改善されるのを待ちつつ、自分で高いお給料がもらえる職場を探すのが一番の道だと思います。

保育士の職場が全て悪い訳ではありません、自分でどんどん良い職場を探し、転職を試みましょう。資格職の強みを最大限に活かして、自分の理想の職場を見つけてくださいね。

保育士の仕事探しは大手の転職支援会社の方が絶対安心!
マイナビ保育士

当ブログでは保育士のお仕事探しの際には、ユーザーランキング第1位となっているマイナビ保育士をオススメしています。

正社員を中心に希望の働き方によってお仕事を紹介してもらえます。
転職サポートは全部無料です!その他うれしいメリットがたくさん!

・20代~30代の若手保育士の高年収求人を紹介してくれる
・保育士に代わり保育園との給料交渉を代行!
・面接の調整や段取りもお任せ!
・転職サイト最大手で信頼度が高い
・企業内保育、院内保育所などの求人も充実

マイナビ保育士に登録

勤務地別の保育士求人情報

公立保育所・院内保育・企業内保育所等、人気求人に直接応募できます。

北海道・東北 北海道
関東 東京神奈川千葉埼玉栃木群馬
中部 愛知
関西 大阪兵庫
中四国 広島
保育士の人気転職サイトランキング
  • マイナビ保育士

    マイナビ保育士
    首都圏・愛知・大阪などの大都市圏の保育士求人なら最大手のマイナビ保育士に登録。 20代~30代で正社員限定の高年収求人を紹介してもらえます!
  • 保育士バンク

    保育士バンク
    保育士転職サービス6部門でNO.1の正真正銘、日本最大級の保育士求人サイト。 地方の求人も多く、これまでサポートを受けられなかった方にもオススメ! 全国で転職フェアも開催しているので、お近くの方はぜひ参加を!入力してください。
  • 保育Aid(エイド)

    保育Aid
    悩み相談だけでも聞いてくれるのがうれしい。 なんと!人間関係の良い職場だけを紹介してくれる転職先紹介会社。 悩み解決型のコンサルが人気。元保育士や元幼稚園勤務のコーディネーターもいるので安心。